富山県知事肖像

富山県知事 石井隆一

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

年月アーカイブ

カテゴリアーカイブ

このブログを購読する(RSS)

富山県サイトに戻る

« ブログトップへ戻る

4月23日、魚津市海の駅蜃気楼をメイン会場に「富山湾岸サイクリング2017」が開催されました。県内外の沢山の皆さんのほか、2年ぶりに台湾から自行車新文化基金会の劉麗珠執行長ご夫妻をはじめ約40名の皆様にもご参加いただきました。私も皆さんと富山湾の美しい景色や沿岸市町の食の魅力を楽しみながら、魚津-朝日間を往復するコース(67㎞)を完走し、とても爽やかで充実した時間を過ごしました。今後ともサイクリング環境の更なる充実や富山湾の魅力のブラッシュアップ、国内外への発信に取り組んでまいります。(4月28日)

 平成29年4月23日(日)、沿岸市町や県内自転車関係団体、民間事業者等の方々と連携して、「富山湾岸サイクリング2017」を開催しました。この大会は、富山湾の「世界で最も美しい湾クラブ」への加盟が全会一致で承認されたことを記念し、富山湾岸サイクリングコースを整備・開設して一昨年4月に第1回大会を開催して以来、3回目の開催となります。毎回、大変好評をいただき、うれしく思っております。

 今年は、一昨年の627人、昨年の959人を大きく上回る1,269人の方々にご参加いただきました。田畑衆議院議員、地元魚津市の村椿市長、県サイクリング協会副会長の武田・藤井両県議会議員等も参加いただいたほか、2年ぶりに台湾から財団法人自行車新文化基金会の劉麗珠執行長ご夫妻、ジャイアントグローバルグループのアントニー・ロー前CEOご夫妻をはじめ、メディア関係者、サイクリストと合わせて約40名の皆様にご参加いただきました。

 

1スタート前.jpg2ショートコースがスタート.jpg3スタート直後.jpg 

 私は、昨年の大会以来、約9か月ぶりのサイクリングでしたが、事前にコースの下見を兼ねて若干の練習(サイクリングガイドの瀬川さん、宍戸さん、的場さんに安全走行面でのご指導やアドバイスをいただきました)をして大会に臨みました。

 大会当日の日曜日は、青空のもと白銀の立山連峰が鮮やかに見渡せる素晴らしい晴天に恵まれ、劉執行長やロー前CEO、田畑衆議院議員、村椿魚津市長、武田県議、藤井県議などとご一緒に、魚津市海の駅蜃気楼をスタート(ショートコースに参加)し、富山湾や立山連峰などの美しい景色を楽しみながら、ロードバイクで走りました。ペダルをこぎながら、あらためて、「世界で最も美しい湾クラブ」への加盟が認められた富山湾の豊かで美しい自然や白銀に輝く立山連峰の美しい景観の魅力を満喫しました。また、折返し地点の朝日エイドでは、笹原町長をはじめ、朝日町の皆さんから歓迎をいただくとともに、朝日町名物の美味しいたら汁と押し寿司を堪能し、英気を養いました。また、ヒスイのとれる宮崎海岸についての説明を笹原町長や加藤町議会副議長からいただき、ありがたく思いました。復路の入善フラワーエイドでは、笹島入善町長に歓迎をいただくとともに、見ごろの美しいチューリップ畑が出迎えてくれました。私は少し足の筋肉に張りが出てきたように感じたところでしたが、色とりどりの美しいチューリップの花と美味しいカキや里芋コロッケのおかげで、大いにリフレッシュできました。劉執行長やロー前CEOも美しいチューリップ畑とその背後にそびえる立山連峰の雄大な景観やカキなどのおもてなしに大変満足しておられました。


4エイドにて記念撮影.jpg

 今大会は、実行委員会(村上委員長(県サイクリング協会会長))の皆様のご尽力により、

 ①魚津市の海の駅「蜃気楼」をスタート・ゴール地点とし、初めて県東部を中心に走っていただくコースとし、

 ②ショートコースのエイドポイントに入善フラワーロードを組み入れ、見頃となったチューリップを楽しんでいただくこととしたほか、

 ③長距離コース(チャンピオン・ロング)においては、300人限定のオプション「プチグルメ氷見」を実施するとともに、

 ④ファミリー向けのエンジョイコースでは、関係各位のご協力により、入善の杉沢の沢スギ、YKKセンターパーク、尾崎かまぼこ工場の見学(細工蒲鉾づくり体験)のほか、ミラージュランドでは観覧車に乗り、美しい富山湾やそれまで走ってきたサイクリングコースを眺めるなど、地域の魅力を再発見する趣向を凝らした内容としていただきました。

 また、昨年に引き続き、二人乗りの「タンデム自転車」を使って視覚に障害のある方にもご参加いただくなどの取組みを実施したところ、参加者には大変好評だったと伺っています。


5参加者の様子、昼食.jpg 

 私自身は、今回、劉執行長やロー前CEO、村椿魚津市長とともに、魚津~朝日間を往復走行し、一昨年(新湊~氷見間の約24km走行)、昨年(氷見~岩瀬間の約36km走行)を大幅に上回る67kmを走破することになりました。最初は魚津~朝日間の約33㎞を走行したら、他の公務との関係もあり、いったん中座することも考えていました。しかし、昨年8月の訪台の際、お会いして今大会に再度招待し、ご来県いただいた劉執行長やロー前CEOをはじめ台湾の皆さんが湾岸の美しい景観や各エイドでのおもてなしも含めサイクリングを心から楽しんでおられる様子を拝見し、折角の機会であり、ご一緒に完走を目指すことにしました。途中、少し足に張りを感じる時間帯もありましたが、素晴らしい天気にも恵まれ、順調に完走することができ、サイクリストとして一段成長できたように感じ、心地よい若干の疲労感とともに相当の達成感を感じた次第です。

 大会終了後に開催された台湾サイクリングツアーの皆さんとの完走者懇親会では、私も田畑衆議院議員、村椿魚津市長、村上実行委員長等とともに出席し、劉執行長やロー前CEOに、本県がこれまで進めてきた富山湾岸サイクリングコースや田園サイクリングコースの整備、サイクリングガイドの育成など、サイクリング環境の充実に向けた取組みをアピールするとともに、今後とも富山県と台湾が相互にサイクリングはもとより、観光・経済面等での交流をいっそう促進していくことを確認し合いました。

 今後とも、自転車専用道の整備など、湾岸サイクリング環境のさらなる充実を図るとともに、サイクリストの方々のニーズや県議会をはじめ多くの県民の皆さんのご意見等を踏まえながら、市町村や民間団体などと連携しつつ、湾岸サイクリングをはじめとする富山湾の魅力のブラッシュアップ、国内外への発信に取り組んでまいります。

2017.4.28