富山県知事肖像

富山県知事 石井隆一

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

年月アーカイブ

カテゴリアーカイブ

このブログを購読する(RSS)

富山県サイトに戻る

« ブログトップへ戻る

 7月16日に、海王丸パーク及び新湊マリーナにおいて、「タモリカップ富山大会2017」が開催され、私も出席しました。3年連続の開催となる今年は、県内外から56艇が参加し、各艇の趣向を凝らしたパフォーマンスや熱いレースを楽しませていただきました。
 レース終了後、表彰式・大バーベキューパーティーにも出席し、関係の皆様とともに、来年もまた富山でタモリカップを開催していただけるよう、タモリさんに強くお願いしたところ、パーティーの最後には、「来年もまたお会いしましょう!」と言っていただきました。(8月4日)

 平成29年7月16日(日)、一昨年の初開催以来、3年連続で「タモリカップ富山大会2017」(主催:タモリカップ実行委員会、富山県セーリング連盟)が開催され、私も橘衆議院議員や四方県セーリング連盟会長、射水市の夏野市長、美しい富山湾クラブの永原会長、(公社)とやま観光推進機構の髙木会長をはじめ多くの皆様とともに出席しました。

 今年は、県内外から56艇が参加し、海王丸パークの湾内や沖合で、やや強めの爽やかな海風の中、各艇の趣向を凝らしたパフォーマンスや熱いレースが行われました。

 

1海上パレード、ヨットレースの様子.jpg 私も、午前中、海王丸船上から参加艇のパレードを観覧した後、昼過ぎまで金剛薬品(株)の米田会長の船に乗せていただき、ヨットレースを観戦し、富山湾の海原に帆が並ぶ美しい景観を楽しませていただきました。

 

2レース観戦の様子.jpg

 また、夕方からは、新湊マリーナのイベント広場で、「表彰式」と、タモリカップのメインイベントとも呼ばれる「大バーベキューパーティー」が、四方県セーリング連盟会長、夏野射水市長、美しい富山湾クラブの永原会長をはじめ、昨年を上回る約2,200名の皆さんのご参加のもと開催され、ラテンのリズムによる「オルケスタ・デ・ラ・ルス」の情熱的な演奏の中、会場は大いに盛り上がっていました。

 3年連続の開催により、親しくお話しやすい間柄となったこともあり、海王丸船内などで、タモリさんに、来年も引き続きタモリカップを開催していただけないか、お願いしました。タモリさんは、新湊マリーナがこの1年、大幅に拡張整備されたことに好印象を持っていただけたようで、「富山湾も海王丸パークもとても気に入っている。あとはやはり地元の方々の熱意次第ですね。」とのことでした。

 そこで、表彰式を行う壇上において、四方県セーリング連盟会長のご挨拶のあと、私から、昨年7月の水上桟橋や陸上艇置場の大幅な増設、今年5月の新たなオーナーズルームやクラブハウス、及び18m級の大型船舶を安全に上下架するための日本海側最大級のクレーン等の設置などの県の取組みを紹介するとともに、今後さらに、海王丸パークの北側の海寄りに展望広場を整備し、陸上からもヨットレースが観戦しやすくなるように努めたいと申し上げました。その上で、「皆さん、来年も、海王丸パークでタモリカップを開催するかどうかは地元の熱意次第だそうです。その地元の熱意を伝えましょう。是非という人は盛大な拍手をお願いします!!(会場から大拍手)。タモリさん、地元の熱意が十分伝わりましたよね。来年よろしくお願いします。」と壇上から会場の皆さんとタモリさんにお話ししました。タモリさんは、うなづいておられ、うれしく思いました。

 その後、樽酒鏡割り、乾杯、表彰があり、並行してのバーベキューパーティーは大盛況でした。地元射水市民の皆さんはもとより、県内外の皆様とご一緒に、各テーブルごとに牛肉、焼鳥、ウインナー、タマネギ、シイタケ、ピーマン等をコンロで焼いて楽しみました。今年もタモリさん肝入りの森田水軍カレーをご提供いただき、ビールなどと一緒においしくいただきました。

 なお、その合間に何人かの射水市民や県民の皆さんからお求めがあり、ご一緒に何枚か写真を撮っていただきました。

 パーティーは大いに盛り上がり、タモリさんからはステージ上で「この3年間で一番の盛り上がり」と言っていただきました。

 また、パーティーの最後には、「皆さん、ありがとう。感謝しています。来年またお会いしましょう!」と来年の開催を予告いただき、「いいとも」と会場の皆さんが返すなど、会場の盛り上がりは最高潮に達しました。

 

3バーベキューパーティーの様子.jpg

 なお、今般のタモリカップは、一昨年、昨年に引き続き、タモリさんをはじめ、県内外から参加された多くの方々に、「世界で最も美しい湾クラブ」への加盟が承認された富山湾や海王丸パークの魅力、さらには、去る5月に完成したクラブハウスや日本海側最大級のクレーン等、整備が進む新湊マリーナの魅力を大いにPRする絶好の機会となりました。また、タモリさんにお伺いすると、人気番組「ブラタモリ」の対象地は、撮影当日、現地に着くまで知らされないとのことでした。それでも念のため、富山県には豊かで美しい自然のみでなく歴史・文化的な面でも見所がたくさんあるので、よろしくお願いしたい旨、あらためて申し上げました。

 

4新湊マリーナ.jpg

2017.8. 4